滋賀県日野町ふるさと再発見ウォーキング 2015 最終回

 

 這上がり(はいあがり)

 

鎌掛から日野へと通じる現在の日野土山線の

この坂のあたりを通称「這い上り」と呼んでいます。

明治24年(1891)4月に着工され

9月12日に竣工した「日野道」と呼ばれる道路です。

この県道の開通で今までの御代参街道は廃止されましたが

新しい道も通称「御代参街道」とも呼ばれます。

小井口の天王山と焼田の墓地の間が掘り下げられ

「這い上がり橋」が架けられたのは

大正13年(1924)になってからのことです。

それまでの県道は昔の日野川の跡だった川原田へ下り

野田川に架かっていた石橋を渡り

ものすごい急な坂道を越えて日野町へと通じていました。

その急な坂が「這い上がり」の語源で

地名として残っています。

 

 

IMG_0433

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0434

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0435

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0436

 

 

 

 

 

 

 

鎌掛から来ると、手前にある野田川はホタルの名所です。

 

蒲生銀行(がもうぎんこう)

 

鎌掛から這い上がりをあがり、しばらく行った左側に

昔、蒲生銀行という銀行に使っていた建物があります。

昭和の初めの頃(昭和12年位?)銀行強盗があったらしいです。

「ピストルを持って閉店間際に・・・」

との話なのですが

そのピストルは実はおもちゃだったそうです。

 

IMG_0437

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、この辺りには日野の遊郭もあったそうです。

遊郭に関連して芝居小屋なんかもあったと聞きます。

 

童謡で有名な「あの子はたあれ」の

細川雄太郎(ほそかわ ゆうたろう)さんのお宅もこの辺りだったと聞きます。

 

おしまい。