襖の新調を製作、納品させて頂きました。

 

(施工前)

フチ(枠)が外れてしまっています。

 

IMG_0316

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この襖、芯材が発泡スチロールで出来ている

「スタイロ襖」というものでした。

以前もスタイロ襖については同様の事を書きましたが

もう1度、書くことにします。

この襖、少々厄介な面がありまして

中の芯材が組子(木材製)と下張り(紙)で出来ているのではなく

発泡スチロール製の単板でできています。

基本的には使い捨ての襖なんです。

フチに関しても接着剤でついていて

基本的には分解出来ない構造です。

今回、見させてもらいました襖も

芯材の発泡スチロールが無くなっている部分があり

フチの再接着は難しそうでした

張り替えも出来ないことはないのですが

襖本体は反ったり、襖紙が剥がれたり、のトラブルが起こりやすいです。

(下の写真はスタイロ襖の張り替えた紙が剥がれた所

過去に他店での施工されたものが当店に持ち込まれたものです)

 

IMG_0350

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0351

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店では予め、そのリスクをお客様にお話しております。

上手く施工できる確率は、自分の経験上

1回め80%

2回め70%・・・

3回目以降はさらに厳しくなってくるかなあ・・・て感想です。
(自分達でも半分、予想が出来ない部分があります)

今回は施主様にそのリスクについて説明させて頂きますと

新調して頂ける事になりました。

今回、4本立ちの間仕切り襖の中の1本のみ、

このようなトラブルになったということですので

できるだけ似た襖紙、引き手、フチ剤等を探しました。

(施工後)

 

IMG_0456

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使用させてもらいました襖紙は

角兵衛という見本帳の719番です。

内部の芯材も、従来の襖の組子を使用しておりますので

次回からは安心して張り替えてもらえる事ができます。

間仕切りの新調制作の施工で15700円(税別)です。

ありがとう御座いました。