今回は戸襖の張り替えについて少し書きたいと思います。

 

張り替える前、遠目に見ると綺麗なのですが・・・

 

IMG_1542

 

 

 

 

 

 

 

 

近くで見てみると・・・

 

IMG_1543

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄汚れてもいますし

ほつれも見受けられます。

張り替え依頼されました戸襖ですので

当たり前と言えば当たり前

平均的な状態です。

 

IMG_1544

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その古い襖紙を丁寧にめくっていきます。

何故、このような事を書くのかと言うと

案外、めくらずに上から張ってあるだけの施工を良く見るからです。

めくらずに古い紙の上から張ってしまうと

色々と不具合が出ます。

「ハガレ」や「戸襖自体のソリ」

「早期に内部から汚れが浮き出る」

等・・・

IMG_1565

 

 

 

 

 

 

 

 

当店では特殊な薬品を使ってめくります。

時間短縮の目的もありますし

後々、内部からの「アク」(汚れ)が出にくいからです。

 

IMG_1563

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに戸襖とは洋間との間仕切りに良く使われている

ベニヤ板等で出来た建具の事です。

 

IMG_1564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧にめくった後、十分に乾燥させます。

 

IMG_1566

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1567

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1568

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のベニヤ板のように・・・

とまではいきませんが、かなり綺麗になりました。

このような作業の後で、次の襖紙を張る工程に入ります。

このように、「張り替え」と一口に言っても

内部をどこまで丁寧に処理するかで

仕上がりや後々の耐久性に差が出てきます。

参考にして下さい。