以前、襖のすべりで紹介した商品なのですが お問い合わせがあったので、もう少し詳しく書いておきます。 まずは

 

襖(ふすま)への使い方

パッケージを開けると、シール状のトスベールが18枚入っています。

IMG_0529

 

 

 

 

 

 

 

大きさは厚さ約0.76ミリ、幅約12ミリ、長さ約30ミリです。                  

襖の底の両端部分(ゆびさしてる所) に貼るのが効果的です。

 

襖底                                  

 

 

 

 

 

 

 

写真のように縦のフチにかかるように貼るのが良いと思います。

縦のフチにはザラつきもあり、滑りにくさや、嫌な音の原因になる事が多いためです。

IMG_0548

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0549

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして

マウスへのカグスベール(トスベール)の使い方

以前から仕事でトスベールを長く使ってたのですが、

マウスソールの代用としてトスベールを使う

というのは、思いつきませんでした。

知った時は、なるほどなあ。と感心しました。

という訳で早速やってみました。  

IMG_0533

 

 

 

 

 

 

 

革などに穴を開けるポンチがあったので、 木片にトスベールをおいて、金槌でポンチを叩き、円形に打ち抜いてみました。

ポンチサイズは直径9ミリです。 写真、左下にあるマウスの底に貼ってみました。    

IMG_0535

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと大きかったかな・・・

個人的には直径7ミリくらいが良いように思いました。

お次はこちらのマウスにも              

複雑な形です。  

IMG_0538

 

 

 

 

 

 

 

今回は書類に穴を開けるパンチでも打ち抜いてみました。

IMG_0540

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0542

 

 

 

 

 

 

 

小さいのが書類に穴を開けるパンチで打ち抜いたもの。

直径約5ミリ 大きいのは、先ほどの約9ミリの。

今回、はさほど純正マウスソールが減ってなかったので上から貼りましたが トスベールの粘着性が良いので、そのまま使ってみようと思います。

(高さが足りないと感じた時は貼り重ねるのも良いでしょう)

万全を期すなら、古いのを取り除いたほうが良いでしょう。

使った感想ですが、純正より滑りが良いかも。 (純正がヘタってたからそう感じるのかな?)  

参考にしてください。