至心山即往寺(ししんざんそくおうじ)

 

永生17年(1520)本願寺第九世実如上人に帰依して一宇を建て

念仏道場として木津村惣道場としました。

元禄8年(1695)9月3日第六世宗珍の時、木念寺号を許され即往寺となりました。

宝暦11年(1761)第八世宗悦のとき現在の本堂を再建しましたが

240年も経過したので、平成10年より修復工事にかかり翌年11月に完成しました。

 

IMG_0389

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木津薬師堂と古塔

 

この薬師堂は野田村(日田)との村境に古くはあったと伝えられ

木津村が南の丘陵裾からこの地に移った17世紀頃に現在地へ移されたものと考えられる。

 

IMG_0394

 

 

 

 

 

 

 

 

地蔵堂の前にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)は

南北朝時代の康暦元年(1379)4月28日の刻銘があり

町の重要文化財に指定され中世の石造美術品である。

寺尻村安土にあった朝日寺の古塔とも言われており

村では火伏せの塔として古くから大切に保存されてきました。

IMG_0393

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滋賀県蒲生郡日野町木津189

 

つづく