岡本町通り(おかもとちょうどおり)

 

天文3年(1534)氏郷の祖父蒲生定秀公が、日野の城下町を造って町割をしたとき、

東近江市蒲生町岡本方面から移住した人たちがこの地に住み、 故郷の名をとって岡本町と称した。

天正10年(1582)領主氏郷公は、以前より盛んだった商業をより振興させるため、

日野城下町を楽市楽座の場とし、岡本町筋をその市場としたので、

近くの町々では最も賑わいを見せた場所が、この辺りだったと伝えられている。

(かし上げの辻から細い道を通り、左右を見た景色)

IMG_0374

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0375

 

 

 

 

 

 

 

滋賀県蒲生郡日野町大窪817

 

画像の赤い自動販売機のあるお店は 徳田醤油醸造所です。

 

IMG_0495                

 

 

 

 

 

 

 

 

とても、美味しい醤油です。

つづく