襖(ふすま)紙選びのワンポイント

当店では全てお客様に襖紙メーカーのカタログの中から
襖(ふすま)紙を選んでもらっています。

 

新鳥の子紙
(しんとりのこし)

子供部屋、借家など頻繁に張り替えをされるお部屋にオススメです。

 

織物紙または上新鳥の子紙
(おりものし、じょうしんとりのこし)

現在、一般的な新築物件で標準的なクラスとなる紙です。
幅広く用いられており、最も出回っているクラスの襖紙です。

 

上級織物紙または本鳥の子紙
(じょうきゅうおりものし、ほんとりのこし)

現在、一般的な新築物件でも少し高級なクラスとなる紙です。
見た目の良さもありますし、耐久性も良いです。

 

特上織物紙または特上本鳥の子紙
(とくじょうおりものし、とくじょうほんとりのこし)

和室を格式高く演出するのに最適な襖紙です。
見た目の良さも、耐久性もとても良いです。
座敷などに使われると良いと思います。

 

その他の襖(ふすま)紙

流通している襖(ふすま)紙であれば、たいてい取り寄せられます。
当ホームページの材料メーカー等のリンク集も合わせて御覧ください。

お気軽にお電話ください TEL (0748)52-0471 営業時間9:00~18:00
営業エリア 滋賀県全域

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 三浦表具店 All Rights Reserved.